We have upgraded to the latest version of MediaWiki and now support TLS1.2 and transcoding!
Please contact us via Discord or Twitter if you experience any problems.

バトルシティー (NES)

From The Cutting Room Floor
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Battle City (NES) and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎русский • ‎日本語 • ‎한국어

Title Screen

Battle City

開発元: Tomcat System
発売元: Namco
プラットフォーム: NES
日本での発売日: September 9, 1985


このゲームには以下の要素が含まれている

DevMessageIcon.png 非表示の開発者メッセージ
CopyrightIcon.png 非表示の開発者クレジット
GraphicsIcon.png 未使用のグラフィック
ItemsIcon.png 未使用のアイテム
DebugIcon.png デバッグ機能


ファミコン版バトルシティは、アーケードのタンクバタリアンの強化移植版です。

イースターエッグ

Bc openr.gif

タイトル画面で、「CONSTRUCTION」を選び、1P側コントローラでスタートを押し、CONSTRUCTIONモードに入り、再びタイトル画面に戻ります。これを7回繰り返し、その後1Pコントローラでを押しながら2PコントローラでAを8回押し、最後に1Pコントローラでを押しながら2PコントローラでBを12回押します。

これが全て終わった後、1Pコントローラでスタートを押すと、プログラマからの秘密のメッセージがちょっとしたアニメーションとともに始まります。

メモリ監視

Battle City (J)-1.png

ゲーム中にゲームジーニーでコードIIOKYXAZを有効にすると、メモリ監視機能が画面の上側に表われます。 これは、ゼロメモリ領域と呼ばれるRAMの最初の256バイトを見ることができます。 3桁の16進数の数字が2つありますが、左の数字は使用されていません。BSelectで、アドレスを増減させます。

Aを押すと、アドレスが0x10増加するはずですが、ゲームジーニーコードの副作用により、恒久的なステージクリアが発生します。CHRフォントには数字の後に小文字の「a」「b」「c」「d」がありましたが他のデータで書き換えられ、「e」「f」のみが残りました。その結果いくつかの番号が正しく表示されません。

未使用銃

Battle City NES - Unused Pistol.PNG

この強化アイテムは、スプライトデータの中で他のものにも見られるように、「Tank 1990」と呼ばれる海賊版/修正版に出現します。 これはヘビータンクと同じように3発分敵の徹甲弾に耐えられるようになるはずですが、代わりにヘルメットが使用されます。

未使用テキスト

ROMの始まり近くに存在しています。

COPYRIGHT 1981 1985 NAMCO LTD.
ALL RIGHTS RESERVED           
RYOUITI OOKUBO  
TAKEFUMI HYOUDOU
JUNKO OZAWA     

隠し漢字

Bc msg.png

PRG-ROMの終わりのほうに小さなアスキーアートが存在します。 6文字の漢字は3文字ずつの2グループで、小さいものが2つと大きく最後の文字が買いてあります。 それぞれの漢字は「大久保」「宇田川」と読めます。

最初のものは、ゲームのプログラマ 大久保良一 の名字です。 2つめは東京の通りの名前です。 最初のゲーム開発のとき、トムキャットシステムは宇田川に本社を構えており、今日では「ナムコINTI渋谷」という複合エンターテイメント施設があります。 もしくは、ナムコの開発者だった宇田川晴久さんでもあります。