We just reached 20,000 articles on this wiki!
If you appreciate the work done within the wiki, please consider supporting The Cutting Room Floor on Patreon. Thanks for all your support!

Detana TwinBee Yahho! Deluxe Pack (Sega Saturn)

From The Cutting Room Floor
Jump to navigation Jump to search

Title Screen

Detana TwinBee Yahho! Deluxe Pack

Developer: Konami
Publisher: Konami
Platform: Sega Saturn
Released in JP: September 29, 1995


DevMessageIcon.png This game has a hidden developer message.
BonusIcon.png This game has hidden bonus content.


Detana TwinBee Yahho! Deluxe Pack is a compilation of Detana!! TwinBee and TwinBee Yahho!. See also the PlayStation version.

Bonus Content

Cacti speak Japanese.
...But what does it mean?
This game has text or audio that needs to be translated. If you are fluent with this language, please read our translation guidelines and then submit a translation!

The text file "KAIHATSU.DOC" contains messages from the developers.


==============================================================================
「開発.読」 プログラマ-編


みなさんこんにちは。ヤッホ-プログラム担当 H.「すぱあく」UEDAです。
なんか、みんな手短にまとめてしまっているので、少し長めに書きますね。

私とツインビ-の出会いは今から10年昔に遡ります。そう、ツインビ-生誕の
年です。当時、まだ学生だった私は友人と梅田の第4ビルを散策していました。
ふらりと立ち寄ったゲ-ムセンタ-(今思えば、当時唯一の直営ゲ-ムセンタ-
だった「ZONE1」だったのですね。その後、私はこのゲ-ムセンタ-で、更
に劇的なゲ-ムと出会うことになるのですが、その話はまた別の機会に・・・)
で、奇妙なゲ-ムに出会いました。
ゲ-ムのタイトルは表示されず、左右の説明書も白黒のコピ-。「変なの・・」
と思いつつも友人と一緒に取り敢えずプレイ。さらにプレイ。またまたプレイ。
妙に波長が合ってしまった。とでも言うのでしょうか?友人と二人でサルの様に
遊びまくりました。レバ-の裏側に変な段差があったので、ふと気が付くと私の
左指には血がにじんでいましたが、それでも指にティッシュペ-パ-を巻いてま
でプレイしたのは、ツインビ-に取りつかれていたのかも知れません。

それから5年の月日が流れ、晴れてコナミの一員となり、某白黒ハンディゲ-ム
機の開発をしていた私の所に嬉しいお話が・・・ 「次はツインビ-どや?」
「やります!」 まだ、ツインビ-達に足が生える前のお話しです。
(そう言えば、初代ツインビ-のパイロットってあんな名前だったんですね。
 詳しくは取扱い説明書参照。それ以前の問題として、ツインビ-はああいう
 生き物だとずっと思っていました。だって手が生えているんだもん・・・)
こうして、私は念願の、ツインビ-達との再会を果たしたのでした。
ちなみに、この「ツインビ-だ!」は、対戦ケ-ブルでつなぐと二人同時プレイ
も可能です。離れた場所で協力プレイって、なんかとってもサイバ-な気分なの
で、もし遊べる機会があれば是非遊んでみて下さいね。
(ついでに宣伝しちゃおう。同白黒ハンディゲ-ム機の「クォ-ス」「パロディ
 ウスだ!」、某超家庭用ゲ-ム機の「アクスレイ」と「スパ-クスタ-」もお
 店で見かけたら、即GETだ!某68000MPU搭載パソコンの「悪魔城ド
 ラキュラ」も必ずGET。本体ごと購入も可。もちろんサタ-ン極パロもだ!)

さて、それから更に5年の後、次世代と呼ばれたゲ-ム機が現行機種になったこ
ろ、サタ-ン極パロの代休をエンジョイしていた私の所に1本の電話が・・・
「出てきてくれ。」「うひ-・・・」
不安を胸に駆けつけた会社で待っていたのはツインビ-ヤッホ-のお話しでした。
(ほんとはいろいろあったけど・・(^^;) )
ア-ケ-ド版ヤッホ-は極パロと使っている基板は同じでスタッフもほぼ一緒。
楽勝!と思った私が愚かでした。
「げ、ここに半透明使ったらあれがああなっちゃう・・・」
「げ、シャドウ・・シャドウ・・ おまえってやつは・・・」
「げ、OBJ出し過ぎだよ。なに?AC基板の限界近く出してるって・・・」

ともあれ、なんとか完成にこぎつけました。極パロで皆様から多くのお叱りを
頂いた発売日も「やつら」と同時発売出来そうです。
「出たなツインビ-ヤッホ-」末永くかわいがってやって下さい。

そうそう、AC版ではPRACTICEモ-ドでベルを50個以上集めると良い
事が起こりますが、サタ-ン版ではさらにNORMALモ-ド以上で・・・
おっと、いけない。余計なことをしゃべってしまう所だった。取り敢えずバック
アップRAMは5ブロック以上空けておいて下さいね。

p.s.
「ビリッ」「あ!」 青いマニュアルのペ-ジが
どんどん脱落していきます。何とかして下さい>某社 (^_^;)



------------------------------------------------------------------------------

  前回の'鼻炎'はほとんど誰にも理解されなかったので、今度はもっと判りやすい
話しをしようとおもう。食事中の方はごめんなさい。

  今回の開発中、私は一つのスキルを手に入れた。「聞き間違い」能力である。あ
れは、ヤッホーの音がなりはじめた頃だった・・・

  私は「出たな!!」の担当だったので、ヤッホー側の進行を横目に見ながら仕事
をする日々が続いていた。そんなある日、ヤッホーの音入れ作業が始まり、ついに
その素敵なサウンドを周囲に響かせるに至ったのである。私はと言えば、「いーなー
ヤッホーは」などと言った甘えた思いは胸のうちに閉じ込めつつも、耳だけダンボ
になって仕事を続ける努力をしていたまさにその時!!!

「うんちぃー!」

  なにぃぃぃぃ! 一体何が、誰が何をどうしたって言うんだ! 混乱しつつも情報
を求めた私の目に映ったものは、ツインビーが産み落したばかりの分身を引き連れ
て飛び回っている姿だった。こいつは更に気合を溜め、もう一匹分身をうんだ。
うんちー!。確かにツインビーはそう言った。いやそんな、そんな馬鹿なことが、
有り得るわけ うんちー! うわぁぁやめろお!  ・・・三匹のうんちじゃなくて分
身と共に、ツインビーは飛び去っていった。
  ああこれが、これがあのタメうんちじゃなくてぶんちでもなくて、えぇ・・そお、
分身なのか。そうか、そうだったのかと納得する事で心を落ち着かせた。暫し沈黙
の後、私はこれから起こるであろう、重大な事に気がついた。確かヤッホーでは溜
め攻撃が四種類あって、それをデモで紹介していたはずだ・・・いかん!そんな事
をしてはいかん! そんな事をしたら大変な事に! が、時既に遅く、そこには今ま
さにその技を見せようと気合を入れているツインビーがいた。待て、ちょっと待っ
てくれ!待って待ってお願い止めて!・・・気合は溜まった・・・

「うんちー!うんちー!うんちー!飛んでけ!!びちょびちょびちょ」

静寂があった。
まるでそのニオイを漂わせるかのごとく。
私はそっと、しかし完全に、鼻をつまんだ。

  後で解った事なのだが、この時はツインビーとウインビーの音声が入れ代わって
いたらしく、従って今貴方が手にしている製品版では上述のデモの様な事にはなら
ない。残念だ。
  と、このまま終わらせてしまっては私の人格が疑われてしまうし、だいいち、他
の誰も'出たな!!'の話しをしないかもしれないので、もう少しだけ書く。

  出たツイは、よく解っていない娘とレッツプレー!僕はツインビー、君ウインビー、
それ!前から後ろから(がっ)ちんこちんこぉ!!

  ・・・ここまで読んでくださった貴方に感謝致します。またこの後記は、抑圧さ
れた精神の暴走などでは決してなく、単なるノンフィクションです。

                                                        間違い王 ふるる



------------------------------------------------------------------------------

 「出たな」と「ヤッホー」のボスを手伝わせていただいた、新人の園葉です。
いきなり初仕事で、今なおアーケードで好評稼働中(だといいなあ(笑))の
ビッグタイトルに携わることが出来て大変光栄です。
 最初の頃は...いや、今でもわからないことだらけで何かと先輩方にご迷惑を
おかけしてばかりでしたが、なんとか大きな苦労もなく作業を終えることが
できました(7月末現在、まだ終わってないけど(^^;)。
 ああ、なんてラッキーなんざましょ(某大公調に)。
 この幸運が、今後も末永く続いてくれることを祈りつつ...さよ~なら~

                                                                園葉





==============================================================================
つづいてデザイナ-編。


そうですか。10周年ですか。フロッガーに苦しんでいたのが、昨日のことの様です。
申し遅れました、キャラクターデザイン担当のK-9でございます。

あの当時、ファ★コン本体を持っていたのは弟でした。しかし彼は触らせてくれなかっ
たので、私は後ろで見ているしかありませんでした。(居間のテレビを使っていたので、
いやでも見ることになっていたのです。)
ところが、ある日ぼんやり見ている私に「ほら、かわいいだろ。」と言いながら、彼は
ジャ★プの巻頭カラーページを私に見せたのです。
それが、ツインビーとの始めての出会いでした。
かわいいモノ好きの私は、まんまと彼の策略にはまり、(どうやら、お年玉を使い切っ
た彼の苦肉の策だったようですが、まぁ、私もやりたかったので引っかかったふりをし
ていました。)カセットを買うことに・・・。
ところが、ほとんどの店でSOLD OUT。やっとのことで場末のおもちゃ屋で一つ
発見。無事、購入して家路についたのでした。(余談なんですけど、そこのオヤジは値
札を思いっきり引きちぎってくれました。紙製のケースがどうなったかは言うまでもあ
りません。今はほとんどビニール包装されていますから、こんな心配は無用ですね。)
それから、使用禁止令が解かれ、私のゲームライフが始まったのでした。

今の私があるのも、このソフトのおかげだったのね。これを書いていて気が付きました。
ありがとう、ツインビー。

            ・・・あ、ぜんぜん、ヤッホーの話しになっていない!・・・



------------------------------------------------------------------------------

ベルの音がみみにこびりついてはなれない今日この頃。
ベルの音は風鈴の音にあらず。
きがつくともうなつになってる。
このねこてはどこかでみたねこのて。
『ぱろ』をたてにすると、このなみもどこかでみたなみ。
えんがあったらまたどこかであうかもしれないねえ。
さてどこでしょう?

                                             M.TABI



------------------------------------------------------------------------------

 歴史を鏡と呼ぶ発想は、鏡の発明とともに古いように想像される。
 歴史の鏡に映る見ず知らずの幾多の人間達に、己れの姿を観ずる事が出来なければ、
 どうして歴史が、私達に親しかろう。事実、映るのは、詰まるところ自分の姿に他
 ならず、歴史を客観的に見るというような事は、実際には、誰の経験のうちにも存
 しない空言である。______『考えるヒント~小林秀雄』より
  私自身における新たな歴史のはじまりを、良き鏡と向き合っているチーム員と共
 に迎えられた事に感謝します。
                               KAORI'95





==============================================================================
次はサウンド編。



===== 荘司 朗 ====

まいど! あんまり徹夜とかしない主義ですが、今回ばかりはちょ~っときつかった
だすな! 睡眠不足ですだ。だけんども、残業代稼がせてもらったっぺからに、夏休
みの旅行は楽しみなんだがや! とれっかどうかわからしまへんけど!



==== 大内正徳 ====

A;「人は皆、わかることだけ聞いている」ゲーテ



==== 山岡 晃 ====

ゲ-センでは幾ら使ったかな「やっほ-」に・・・。それぐらい思い入れあったし、
楽しんでたな・・・。あのカラ-が、なんだかとっても陽気にしてくれて、ウキウキ
気分だぜって感じ。まあ、とにかくそれだけ沢山の「ツインビ-が好きだ」っていう
思いを伝えるぜ。



==== 今井一仁 ====

うちのお風呂が工事中ではいれない。しかたがないので玄関にたらいを持って
いって行水している。やってみると結構涼しいよ。(いもほれいまい)



==== 山根清彦 ====

うーん、まだもう1つの方が終わっていないので、終わった感じがしない(当り前か
(^^;)。
結局、当分担当は無いだろうと、神戸に戻ったのですが、連れ戻されました(笑)。
(詳しくは、「極パロ」参照)
という事で、極パロもよろしく(^^)。

サウンドプログラムのサポート兼、雑用担当の「山猫」ことK.Yamane。



==== 中村圭三 ====

1995年7月27日、午前3時。
神保町の夜は相変わらず暑い。
いつもなら文句一つ言わないはずのMr.MOUSEも、今日は何か言いたげである。
ヘッドホンからは、「おにいちゃんこそ、油断しないでね!」...........である。
窓から見える三角屋根のマンションの壁が、薄暗い茶色から、少しづつ白みを
帯びてきたようだ。
朝の到来である。
私は、これから限りなく押し寄せてくる社員の波に、飲み込まれていくのだ。





==============================================================================
ひきつづき パッケ-ジデザイン編・・・の予定でしたが、

「いま、書ける状態じゃないんでぇ・・」と、主語も述語も無い不思議な言葉を
残して去っていってしまいました。1週間以上前からお願いしといたんだけどなぁ?

ひょっとして、怒っているのかな?
取説の校正で、第1稿から第3稿まで「NORMAL」が「NARMAL」になって
いて、毎回直しているのに、毎回直ってなくて、第4稿で、やっと直ったと思ったら
版下でまた直ってなくて、「以前校正したものと見比べてそちらで校正してから回し
て下さい」って電話したら、おもいっきり「ガチャン!」って切られたからなぁ・・
その事をまだ怒っているのでしょうか?でもUP前で忙しいのに4回も同じところを
直したくなかったんです。でも、ごめんなさい。もうしません。許して下さい・・
「RAPID SHOT」が「RADIO SHOT」になっていたとか、「天空の」
のルビが「てんぞら」になっていたとか、誰にも言いませんから・・・   (^^;)





==============================================================================
最後にス-パバイザのHALKYさんです。


今度は「出たツイ」ですか?  えっ、「ヤッホ-」付き??
ちょっとまえにアーケード版がでたばっかりですよ、いいんですか???
ツインビー10周年記念だからなんでもありだってええエエ----..

もう10年もたちましたか、あの日から...
初代アーケード版ツインビーの時も鈴の音がマシンルームにこだましてたっけ。
FC版もMSX版ツインビーも鈴の音が印象的だったし、X68版出たツイも...
ツインビーといえば、やっぱ鈴だよな。

またも「DELUXE PACK」を出しちゃいました。
ネタはあるもんだなあと思うこのごろです。


# H.「すぱあく」UEDAさん、劇的なゲ-ムって、GxxxxxSですかあ?


                            'HALKY' likes shooting game.


==============================================================================

なお、この文章は転載禁止とさせて頂きます。