We just released a Feb. 5 '89 prototype of DuckTales for the NES!
If you'd like to support our preservation efforts (and this wasn't cheap), please consider donating or supporting us on Patreon. Thank you!

Tactics Ogre: Let Us Cling Together (Sega Saturn)

From The Cutting Room Floor
Jump to navigation Jump to search

Title Screen

Tactics Ogre: Let Us Cling Together

Developer: Riverhillsoft
Publisher: Riverhillsoft
Platform: Sega Saturn
Released in JP: December 13, 1996


DevMessageIcon.png This game has a hidden developer message.
BonusIcon.png This game has hidden bonus content.


Tactics Ogre for the Sega Saturn is a port of the Super Famicom game of the same name that was released a year prior.

Bonus Content

Cacti speak Japanese.
...But what does it mean?
This game has text or audio that needs to be translated. If you are fluent with this language, please read our translation guidelines and then submit a translation!

The text file "COMMENT.TXT" contains messages from the developers.

----------------------------------------

            Tactics Ogre  	SEGASATURN

この度は、当社のSEGASATURN用ソフト「Tactics Ogre」(T-5306G)をお買い上げ
いただきまして、まことにありがとうございます。
今回は各スタッフのコメントを以下にまとめておりますのでご笑覧ください。

なお、この文章を転載・メールすることは一切禁止とします。
また、この文章は各人が一個人として書いているものであり、株式会社リバーヒルソフト
の意向と異なる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

----------------------------------------
                 開発スタッフ
----------------------------------------

いやぁ~、終わりました。(書き出しが「伝説のオウガバトル」の時と一緒・・・)
「伝説~」に引き続き、制作プロデューサーという職をやってきましたが、いや、まあ、
ホントにゲーム作りって大変です。
やっぱ、ゲームは遊ぶのが楽しいですね。(当たり前)

しかし、この「Tactics Ogre」という作品、シナリオ・システム・BGM等すごくグッと
くるものがありますよね。特にグラフィック出身の私にとってはあの細かい描き込みやし
ぐさに えくすたしー を感じてしまいます。
あ~、ドットうちたい・・・

さてと、(遊ぶヒマもないのに)買うだけ買ってたまっているゲームで遊んで、どこかに
ぶらりとドライブに行って、電気屋さんで買い物して、部屋を掃除して、中型免許を取り
に行って、etc・・・さぁ、私の願いはいくつかなうのでしょうか?

では、また別のゲームのこのような場所で。

		制作プロデューサー(別名 ぺーぺー)こと しげまつ でした。

----------------------------------------

 移植に際してグラフィック作業が殆ど無かったこともあって、殆どの時間を
膨大な資料整理に追われていました。
 メッセージだけでも嫌になるほど有るし。それがまた複雑怪奇に分岐するし。
それ以上に膨大なシステムの仕様書だとか、ユニットやアイテムの細かいデータ
だとか、製品版に入らなかったナゾの仕様だとか、ナゾの武器だとか、ナゾの
計算式だとかあるし。お陰でデバッグ隊はオリジナル版と平行しての確認作業という
地獄を見るハメになるし・・・お疲れさまでした>デバッグチーム

 というワケだから一回クリアして終わりじゃないんだ、このゲームは。
しかも、伝説のオウガバトルに出てきたあの人も、この人も、何とあんな人まで、
実はしっかりと登場するし。クリア後の「でねぶ▼れぽーと」を見て闘志を
燃やせっつーカンジ。あと、普通にやってたら気づかないメッセージに隠されている
秘密とかね。伝説のオウガバトルを持っている人は1024倍楽しめる様に
作られています。スゲいかす。イカすのでヤリ込んでハッピーのりピーエントロピー。

            終わったら、まず洗濯。あと部屋の掃除(滂沱)
                        ドット絵師:後藤 "藤十郎" 聡

----------------------------------------

久しぶりにハードな仕事でした。スー○ーファ○コンからの移植ですが、このソフトは○
ーパー○ァミコンの機能を隅々まで使っているので、その機能の置き換えが大変でした。
と同時に、ス○パーファミ○ンを使い切ったオリジナルプログラムのスタッフのパワーに
圧倒されました。
奥の深いソフトというのは、プログラムも奥が深いものだと感じながら、サターンへの移
植を進めました。ファイルのアクセスなど少なくして、もっと操作の軽いソフトに仕上げ
たかったのですが、サターンのメモリ容量でも足りず、そのあたりが不満のあるところだ
と思います。ゴメンナサイ。メモリの価格はどんどん下がっていることですし、次世代機
では、もっとたくさんのメモリを搭載したハードウエアが欲しいものです。

                             クロストーク 三谷和久

----------------------------------------

開発中はいろんな事がありましたよ。結婚してもうすぐ2年になるけど、やっと子供に恵
まれたし(「こんな忙しい時に?」なんて声が飛んできそう...)、事○るし、だから
車は買い換えるし、免許証の更新せんといけんし、27の誕生日まで迎えてしもーた。
じゃけどこのゲーム、ほんまにすっげーソフトじゃね。奥の深いシナリオと、雰囲気バッ
チリの音楽が超ええ。主に、スプライトの表示、データのメモリ配置、BGM、効果音、
音声を鳴らす部分などのプログラムを担当させてもろーたんじゃけど、夜中に半分照明の
消えた部屋んなかで、一人でイベントの確認なんかやりよったら、それがもう感動させる
セリフがでるでる。思わず泣きそうになったけー。
すごいソフトなんで作るのも大変じゃったけどね。でも、こんな良いソフトの開発に携わ
ったんは自慢できることなんじゃろーね。

                             クロストーク 柳井卓也

----------------------------------------
                デバッグスタッフ
----------------------------------------

「 Tactics Ogre 」は人によってチーム編成や攻略のやり方が違う
よくできたゲームです。みなさんも好きなキャラクターを見つけて
プレーしてみて下さい。
それから「伝説のオウガバトル」をプレーした人は、○ド○ムを仲間にしたら
一度殺してみて下さい。
						M. MINORU
                                デバッグチーム

----------------------------------------

僕は現実を知らない理想主義者。自分の手は汚さずに・・・強いぜアロセール。

私は夢を忘れた現実主義者。いくぜダブルアタック。ヴァイス、おまえはいいヤツだ。

真の姿は、理想と現実の間をうろつくオロカ者。
  さよなら姉さん。くらえ、カマンダスガン
    デニム・フォルカス・レンドル。強いぞ僕らの射撃戦隊さんガンナー(ウソ)

さらばハボリム。ネクロマンシー、○ーンカ○ート、そして・・・。
    心おきなく剣の道を極めておくれ。

						by もりもり
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 はじめてゲーム会社でバイトさせてもらったのだが、自分の持つゲーム会社の
イメージと違ったのが驚きだった。それまで僕の中にあったイメージは、薄暗い部屋で
死にかけた顔の開発者がカップラーメンを食べながらパソコンをいじっている
というものだが、ところが行ってみると、全く正反対!トレンディードラマの
舞台の様な仕事場、開発者や広報、総務の人も皆、若くて健康的ではないか。
やるね~(株)リバーヒルソフト!
 話がそれたが、「Tactics Ogre」。このゲームはシナリオ、戦闘、その他に
至るまでボリュームたっぷり。だからデバッグも大変。半月ぐらいすると、まぶたが
重くなってきて、川の向こうでエンジェルナイトが手を振る幻覚が見えたりする時も
あった。その甲斐あって、オリジナル版と遜色無い出来に仕上がった。
 この俺達の血と汗と涙の結晶を思う存分楽しんで下さい。
 尚、ブランタのとどめは、アッサルトであっさると殺して下さい。
                  (あっさりと)

	時々、高いところにいる人を見るとノックバックしたくなる 坂本まさき
                                デバッグチーム

----------------------------------------

たいへん楽しくデバッグをやらせていただきました。
バイトを紹介してくれたM君に感謝させていただきます。

						名前は出すべからず。
                                デバッグチーム

----------------------------------------

プレイすればプレイするほど新たな発見のある、恐ろしく奥の深いゲームだぜ
タクティクスオウガ!
オリジナル版でも随分プレイしたはずなのに、「まだこんな楽しみ方が
あったのか!」と、何度も驚かされました。
全くもって底が見えないバケモノゲームです。
あぁ、こんなゲームを企画できるプランナーになれないかなー。
それにしても、ラ○ラ○の正体がオ○○バ○○のあいつだったとは・・・

						百田 智和
                                デバッグチーム

----------------------------------------

デネブ最高~!!
システィーナか~わい~▼”
アロセール声がお嬢様~ミ☆
オリビア顔ヘ~ン
シェリー性格キッツ~
セリエよくみたら年増~!!
カチュアは性格破綻者やんけ~!!!
こんな個性的なキャラが大好きな私は

				デネブ親衛隊隊長”デネブの奴隷”
                                デバッグチーム

----------------------------------------

ありゃ、またお会いしましたネ。結局T・Oでも書くことになりました。
(何の事だか解らない人は伝説のオウガバトルのReadmeを読もう)
今回の目玉はやっぱりデネブ・・・と言いたいところですが、今回はあの
悪名高きカチュア姉ちゃんでしょう。
弟いぢめは日常茶飯事で、×××を殺すわ○○○を(結果的に)廃人に
させるわ、もうやりたい放題ですね。
声優さんがまたいい味出してますね。スッゲー嫌な女に仕上がってます。
今回のデバッグはかなり辛かったですが、その分良いソフトに仕上がってますんで
皆さんもカチュア姉ちゃんの悪女ぶりを堪能して下さい(^^)。
では。
            ”姉さんがいぢめる”遊撃隊隊員、
               高森 ”わがままいうなっ・パウエル” 大輔

                                デバッグチーム

----------------------------------------

--作戦司令部

ペイトン、ベイレブラ「お呼びでしょうか、英雄殿。」
  L(ロウ)デニム「ペイトン、ベイレブラ、二人とも長い間ご苦労だった。」
        二人「なっなぜ、また。我々は解放軍に入ったばかりだと
           いうのに・・・どういうことですか!!」
      Lデニム「二人とも用無しだ、と言っている。」
        二人「なっ、なぜ。我々は少なくとも英雄殿が育てたキャラ達
           よりは強いはず、なのに・・・・まっ・・まさか!!」
      Lデニム「者供、二人を押さえつけろ!!二人を
           ビーストテイマー(ハゲ)にして追放だ!!」
        二人「3章ロウルートに入ったばかりの時の暴言は
           謝りますから・・うっうっ・・いっいやだーーー」

                終

      キャラに日本刀の名前を付けて○ナップ○ラゴ○で銘刀を作る
                        長沼 備前守 俊和 でした。

                                デバッグチーム

----------------------------------------

 ウォンチュ!デバッグ隊のHISです。皆さん元気に『オウガ』プレイして
いらっしゃいますか?我らデバッグ隊もケダモノのようになりつつも元気です。
・・・でした。じゃないかな・・・。たぶん・・・。
 さて。デバッグ中の笑える話を一つ。
今回S・S版で音声が入ったのですが、途中のバージョンまで「!」のセリフで
「ピーッ」ってな音が入っていまして、非常に面白かったです。
カチュア「私達は父さんの本当の子供じゃないの!!」
デニム 「ピーッ!」(爆笑)

 ・・・ともあれ、本当に「良い」ゲームなので、伝説ともども
末永く遊んで下さいね。

	廃人ランス○ットの「あ、ああ・・・」を聞きながら  久富 卓
                                デバッグチーム

----------------------------------------

前作「オウガバトル」と同様に、今回もSS版「タクティクスオウガ」に
デバッグ手伝いということで参加させていただきました。皆さん快適に
プレイしていただければ、我々デバッグ隊としても幸いです。
実際にプレイして気づかれたと思いますが、このゲームは進め方にいろいろな
パターンが用意されています。例えば、カオスルートの2章で、フォルカス、
バイアン、システィーナの三人とボード砦に向かう展開がありますが、そこで、
システィーナを死亡、または救出に行かないを選択した状態で砦に入って
下さい。出番の少ないフォルカスがここぞとばかりに吠えてくれます。
他にもロウルートでゲームを進めて、エンディング目前になったら、
ジュヌーンやオクシオーヌ、ハボリムなどのメンバーを外して、そのままで
クリアして見て下さい。ロウルートの仲間キャラの中で、ヴァイスと
並んで最高にイカス男、ザパンの声が聞けます(個人的なシュミですいません・・・)
実際色々な楽しみ方のあるゲームなので末永くつきあってやって下さると幸いです。

						松山 晶彦
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 思えば色々ありました。カノープスの亡霊が空に浮いていたり、ショップで
マルティム様や、アンドラスの姿をしたガンナーを仲間にできたり・・・。
あんなにあった(面白い)バグがなくなっていくのは、ちょっと残念です。
でも、なくなったおかげで胸を張って「良い出来ですよ」と言えるのですが。
 オマケも入って楽しめる内容になっています。声もほぼイメージ通りだし、
本当に良いゲームになりました。「伝説のオウガバトル」共々、隅々まで
遊んでいただけたら幸いです。
 それでは、あなたにとってこの、「タクティクス・オウガ」が
良いゲームでありますように。

						 LGC-SET
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 私は終始普通にやってばかりだった様な気がするので、皆には悪いけど、
楽しく仕事できた気がします。
 SS版Tacticsは、声優さんによる音声が入っているのは良いのですが、
そのせいで、部分的にSFC版とセリフが違っていたり、除かれてしまった
所とかあって、シナリオのニュアンスが変わってしまった所が少しあります。
 SSで初めてTactics Ogreをやった人は、ぜひSFC版もやってみて欲しいですね。

                        石橋 広樹
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 デバッグはゲームの内容を十二分に理解していないとできないので、
この仕事でこのゲームの面白さがすみからすみまでわかった(人がやっていない
とこまでやるから)
 例えば2人でトレーニングモードで対戦するとか、
珍しいキャラを作る楽しみ。でも人のあげ足をとってしまうくせがついてしまう(笑)

                        オオヴ タケシ
                                デバッグチーム

----------------------------------------

「伝説のオウガバトル」、「タクティクスオウガ」のデバッグを手伝わせて
いただきました。
 今回の「タクティクスオウガ」は、SFC版の忠実な移植で、オウガファンには
本当に納得の出来る出来になっていると思います。SFC版でやったことがある人も
ない人もぜひやってみてください。

                        鶴崎 雄二
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 私は夜から朝にかけての勤務でしたが、担当の人もバイトの仲間もおもしろくて
とても楽しい時を過ごせました。
タクティクスは人物に声が入ったということで楽しみにしていました。
とりあえず、期待通りとはいかないまでもなかなか良い出来上がりではないでしょうか。
最後に、キャラメイキングの時ある言葉を入力すると・・・・・・。

						河西 拓児
                                デバッグチーム

----------------------------------------

「伝説の~」からデバッグを始めて早や3ヶ月。
こんなにやりこんだゲームは初めてでした。(仕事だけど)
「Tactics Ogre」ではセーブデータばかりつくってました。おかげですべてのシナリオ、
隠しもほとんど覚えたし。これを生かして自分もりっぱなオウガになり・・・あれ?
 印象に残っているのはカノープスのスペシャルが前より多くまわすようになったこと。
これで彼のギャラがあがっていればねえ。
 さ、次のお仕事は何かなぁ。えっ、もうお前に仕事はまわさないって?
ほなさいならー。

						篠原 大
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 オウガシリーズと言えばシナリオの良さですが、キャラクターの成長を
見守るのもたのしみの一つ。
 変な名前をつけて育てたり、バイ○ンをリッチにしたりと普通にプレイしていては
できないことにチャレンジしてみてたのしんでください。
 あと民のこと仲間のこと敵のことも思いやって進むと、たとえカ○ュアが
いなくても・・・って感じです。

                        楠田 芳晃
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 今回タクティクスのデバッグを途中から手伝わせてもらいました。
デバッグの作業は思っていたより、かなり面白かったっス。
笑えるバグや、ひきつるバグなど色々だったっス。スーファミとは違い、
もーキャラがしゃべるしゃべる・・・。ギルダスとカノープス、
オリビアなんかがヨイ感じです。あと、ウォーレンのテレポートの声は
けっこーハマるものがあったっス。
 全体的にサターン版は非常にヨイ出来だと思います。
たぶん、発売されたら買って、やるだろーと思うっス。

                        橋詰 真
                                デバッグチーム

----------------------------------------

 初めてデバッグの仕事をさせて頂きました。その初めての作品が大好きな
「 Tactics Ogre 」だったのは喜びの極みです。音声が出てたのが驚きで、
とくにお気に入りが、”かのぷ~”ですね。子供みたいでかわいーのですが・・・
39歳。もーおっちゃんですね(笑)
 SATURN版「Tactics Ogre」を手伝ったという事が自慢でしかたないっス。
もー最高です。絶対買っちゃいそー(^^;)いや貴方は買うはず・・・・。
楽しんでください。

                        宮浦 敬三
                                デバッグチーム

----------------------------------------

『しゃべったよぉデニムが!』初めて見たときの第一印象です。
キャラクターが話すだけで、Guestにこれほど愛着がわくとは、思わなかった。
ウォルスタ人を必死に雇ってくるより、プレザンスなんかでも前線で
使ってやるか、と情けをかけてしまう。
絶対に、Low、Neutral、Chaosで全員のキャラに話をさせよう。

                        税田 祐一
                                デバッグチーム

----------------------------------------

「伝説のオウガバトル」に引き続き、「 Tactics Ogre 」も手伝わせて頂きました。
タクティクスはギルダスの声優さんが・・・もう、ハマリ過ぎ。
自分でも好きなキャラクターだったんで2、3年は心に残るでしょう。
あと、「ヴァイスの最期」に出てくる牧師(笑)。すごいイイ感じ。
・・・最後に、自分は途中で抜けたんでマスターが完成する時は、
さらに良いゲームになっていることでしょう。

						中村 正和
                                デバッグチーム

----------------------------------------

初めてゲームのデバッグをしました。
プログラム自体のデバッグはよくやっていましたが・・・。
デバッグを行っているときにでてきたバグには悩まされたり、笑わせられたりしました。
いくつかのバグは残してほしいくらいのおもしろいやつもありました。

						梯 貴治
                                デバッグチーム

----------------------------------------