Mail has been fixed; you should now be able to confirm your e-mail address, watch pages, and the like.
Please report any issues on Discord.

American Truck (PC-88)

From The Cutting Room Floor
Jump to navigation Jump to search

Title Screen

American Truck

Developer: Telenet Japan
Publisher: Telenet Japan
Platform: PC-88
Released in JP: May 1985


DevMessageIcon.png This game has a hidden developer message.


Hi-speed Scroll Action!

Developer Messages

Elementary, my dear Cactus.
This needs some investigation.
Discuss ideas and findings on the talk page.
Specifically: What does an FM synthesis board do when used with this game?
Cacti speak Japanese.
...But what does it mean?
This game has text or audio that needs to be translated. If you are fluent with this language, please read our translation guidelines and then submit a translation!

Track 2

Present at track 2, sector 1 of the mkII version and repeated 14 times.

Original Translation
****************
*              *
* TELENET カラノ  *
*     オネガイ    *
*              *
*  コノ ソフトハ FMオ *
* ンゲンボードニ タ *
* イオウシテ イマスノデ *
* オモチノカタハ スピー *
* カーヲ ツナイデ オタ *
* ノシミクダサイ。 オモ *
* チデナイカタハ スグ *
* ニ オカイモトメニナルコ *
* トヲ オススメ シマス。 *
*              *
****************
A Request from TELENET

This software is compatible
with an FM synthesis board, 
so if you have one, try to 
connect and play with it 
without the internal speaker. 
If you don't have an FM board, 
we recommend that you buy one 
immediately.

Track 6

A more extensive message is present at track 6, sector 1 of the mkII version and spans the whole track.

Original

----------------
 テレネット ツウシン     
                
  プログラマー ノ    
        ショウカイ ホカ
----------------
                
 コノ 'Track' ハ ミナ
サンニ ワガ テレネット ノ 
プログラマータチ ヲ ショウ
カイシヨウト オモイ ヨウイシタ
モノデス。 フダン メニ ツ
カナイ プログラマーノ ジ
ッタイヲ ゾンブンニ シッテ
クダサイ・・・。       
                
ナマエ:M.Hanari    
ウマレ:1963.11.27  
スミカ:トウキョウト チョウフシ
チシキ:Z80+mPD765  
----------------
 ワタシガ コノ プログラ
ムヲ タントウ シマシタ。   
 オシヨセル bugヤ スイミン
ブソクデ タバコノ カズ
ガ イッキニ フエマシタ。  
 マワリノ ニンゲンニハ ダ
イブ モンクヲ イワレタヨウテ
゙スガ コレカラモ サカンナ 
ブラウン ウンドウデ ヨリ
ヨイ ソフトヲ ミナサマニ オト
ドケシタイト オモイマス。  
Mr.Fukushima    
                
 カレハ ワレワレ プログラ
マー ノ ウエニ タツ カイハツ
ブ ブチョウ テキナ ソンサ
゙イデ アル。 イワバ ジ
ョウシナノデアル。 キカクガ
セイシキナ シゴトデハ アル
ガ コノキカクニアッテハ ガ
メンノデザイン コースデー
タ ナド ダイブ チカラシ
ゴトモ テツダッテイタダキ
ダイブ オセワニナリマシタ。
 コンゴモ ナニカト ヨロシク
オネガイ イタシマス。    
   ナショナル ゴマスリキ.
ナンノコッチャ ノ クワタデス
                
 FM-7 タントウ      
                
 カレニハ アルゴリズム ソ
ノタ デ ダイブ オセワニ
 ナリマシタ。 シカシ アノセイ
カクハ ドウモ・・・。    
 ドンナ セイカクダッテ? 
 ソンナコト カレニ モウシワケ
ナクテ イエマセンヨ。マァ オト
コト オンナノ クベツグライ
シテクレルト イインダケド。
 デシヲ ヒトリ カカエテイル
ヨウナノデ マトモナ ニンゲ
ンニ ソダテテ ホシイナ。  
MSX ノ サットー デェス。
                
 カレハ ヒトリノトキ ハ サト
ウ デアッタ。 シカシ 98ノ
Mr.サトウ ガ クルト イト
ウ デアル。 ソコニ ナオカツ
Mr.イトウ ガ クルト バ
カ ニ ナッテ シマウノデアル
 イッパンジンニハ コノ ホ
ウテイシキ ヲ トケルハズガ
ナイガ ナゼカ カレノウエニ
ハ ナリタッテシマウノデアル。
 ワケノワカラナイ ヤツデハア
ルガ カレノ ダイブツサマ
ノヨウナ ヘアースタイルハ エイ
エンニ フメツデアル。    
サラリーマン ノ サトー デス
                
  PC-9801 タントウ  
                
 カレノ オンガクノ サイノウ
ニハ ケイフクスルバカリデス
。 FMオンゲンボード ヲ
 オモチノ ミナサマハ キット 
オナジカンガエデアルト オ
モイマス。 カレハ アノ DX7
ノ ユーザーデスガ カイシ
ャデハ モウシワケナイコトニ 
ポータサウンドデ サッキョ
クニ ハゲンデ イタダキマ
シタ。 コンゴモ スバラシイ
キョクヲ オネガイシマス。  
----------------
 K+OH-:イナムラ コウ  
 ワタシハ ロウニンセイ デ 
アッタ。トコロガアルヒ 「キミ
 イツモ ガムカンデルネ ?
」 「ウン!!」 ト,イウグア
イニ ヘンジヲシテシマッタノカ
゙ ウンノツキデアッタ。ソノヒ
カラ アクムハ ハジマッタ。 
イングリッシュトイエバ "W
hat is Fat ?" グ
ライノモノデ スウガクトイハ
゙ "7.11" デアッタ。 
ソコヘ アルヒ ヒトリノ オトコ
ガヤッテキタ。カレコソ ロウニ
ンセイノカガミデアッタ。=>
=> カレニハ ヒトツキニ イチ
ドシカ アエナイノデ アッタ
。イツモナイテイルカレヲミテ ワ
タシノ ノウリヲ アルナマエガ
ヨギッタ。「 リュウ 」 ソウ
ダ アノオトコニチゲェイネイ
。ワタシハ コンナ カタイナカニ
 ナニシニキタノダロウトオモッ
タ。ナニヤラ ソトニハ ミヨシノ
テシタガイッパイイタ。ドウ
ヤッテ ソノバヲキリヌケルノカ
ト ミテイタノダガ カレハ 
レイノゴトク オイオイ ナイテ
イタ。 「 ナキノ リュウ 」 
ヤッパリ アンタハ スゲェエ
ゼ オカマノ ジョニー♥♥♥
ヘンナ ガイジン ノ    
   リー デーーーース。  
----------------
 カレノ シュッシンハ ナニヲカ
クソウ ホンコンナンデス。  
 ソウ ガ・イ・ジ・ン ナン
デスヨ。 カントンゴハ モト
ヨリ ニホンゴ エイゴ カレ
ノ ゴカクリョクニハ オドロ
カサレマシタ。BUT アルヒ タ
゙レカガ カレニ モーメントノ
スペルハ トキクト MOMME
NT ト コタエガカエッテキタ
ノデス。 ソノヒカラ カレノ 
チシキハ モロクモ クズレサリ
ソコニハ 「ヘンナ ガイジン
」ノ コトバダケガ ノコリ
マシタ。 ソレガ ヒキガネト
ナッタノカ ソレカラ カレハ ツ
マラナイ ニホンノ ギャグヲ
レンパツシ マタ シュウカン 
ジャンプヲ ミテ ワライコロ
ゲ マワリカラ シロイメデ 
ミラレル ソンザイト ナッテシ
マッタノデス。        
 ソコデ ミンナノ ナカニ キ
ョウツウシタ カンガエガ ウ
カンダ・・・         
                
 「ホンコンセイ ハ      
        コワレヤスイ」 
                
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
 セキグチクン モノガタリ 
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
 ソウ ソレハナツナノニ トテモ
サムイヒノコトデアッタ。ワタシ
(K+OH-) ハ イツモノヨウ
ニ シュッキンシタ。カイダンヲ
ノボリ ロウカヲアルイテイルト
ゲタノハナオガキレタ。「イヤ
ナヨカンガスル」ソウオモイナカ
゙ラ 205ゴウノ DOOR 
ヲ アケタ。スルト ナカニ ハ 
メガネ ヲ カケタ アオジロ
イ 「「 カール クン 」」  
ガイタ。           
 カレコソ セキグチクン =>
=> デアッタ。 カレニハ カ
ッキトイウモノガ マルデナカ
ッタ。 ソレダケナラ マダシ
モ カレニハ カゲトイウモノカ
゙ナカッタノデアル。 ソノヒカ
ラ カレハ 205ゴウニ スミ
ツイタノデアッタ。 シカシ フ
シギナコトニ カレハ 11ヲス
ギルト シゼント ショウメツ
シテシマウノデアッタ。 コレナ
ラアンシント セブンイレブン
ニ イコウト クライヨミチヲ ア
ルイテイルト ハイゴニナニヤラ
 クラァーイ ケハイヲ カンジ
 フリカエルト ソコニハ・・・ 
「「 カッ カールクン 」」 
アマリノ オソロシサニ タチスク
ンデシマッタワタシニ ムカイ 
「「サケデモ ノミニ イクンテ
゙スカ」」ト ウラメシソウニ キ
クノデアッタ。 ワタシハ モノ
モイエズ 「ウッ ウン」ト オ
モワズ ウナズイテシマッタノ
デ アッタ。「ナントカ コノハ
゙ノ フンイキヲ モリアゲナケ
レバ」ギムカンニ トラワレタ
ワタシニモ イクラカノ ウンガ
アッタヨウデアル。「サットーテ
゙ース」 イイタイミングデア
ッタ。 コノバハ サトウクンニ
マカセヨウ。「チョット ヨウガ
アルカラ」 サトウクンニ コエヲ
カケルト ワタシハ ハシッタ。ウ
シロモフリカエラズニ ハシッタ
。ドレダケ ハシッタデアロ
ウカ,キガツクト ソコハ マエ
ニモマシテ クラァーイ ヨミチテ
゙アッタ。ト ソコデ ワタシノ
カタヲ タタクモノガ アッタ。
「モッ モシヤ カールクン」  
アワテテ フリカエルト クライ 
カゲノヨウナ ニンゲンハ コ
トバヲ ハッシタ。「ジエイタ
イニハイリマセンカ?」 ドウヤ
ラ ワタシハ ウエノノ アタリマ
デ ハシッタヨウデアル。  
 マエヲミルト ボョョーント 
カスカナ アカリガミエル。
 「アッ アカリガ」 ワタシハ
アカリニムカッテ ハシッタ。アカ
リニ タドリツイテ アラタメテ
マワリヲ ミワタスト ソコハ ナ
ント ヤナカボチデハナイカ。
サッキノアカリハ 'ヒトダマ'
 マッ マズイ カールクン ノ
ケハイガ。ワタシノ カラダハ
 ヤミノナカニ ヒキコマレソウニ
ナッテイタ。 「ギャグダ 
ギャグデ タエルンダ コ
ノバヲ モリアゲレバ タス
カル」 ワタシハ サイゴノ チ
カラヲコメテ サケンダ。   
 「リー デェース」     
          ツヅク. 
                
 アトガキ          
                
 イカガデスカ。 オタノシミ
イタダケタデショウカ。   
 コンゴトモ ワガ TELE
NET デハ スグレタ ソフ
ト ト トモニ コノヨウナ テレ
ネット ツウシンモ ミナサマニ 
オトドケシタイト オモイマス。
 ゲンザイモ イクツカノ キ
カクガ シンコウチュウデアリ
キット マンゾクノデキルモノ
ガカンセイスルト オモイマス。
 コレカラモ ワガ テレネット
ヲ ヨロシク オネガイ シマス


(Source: UME-3)

Kanji

----------------

テレネット 通信

プログラマーの紹介 他

----------------

 この 'Track' はみなさんに我がテレネットのプログラマー達を紹介しようと思い用意したものです。普段、目につかないプログラマーの実態を存分に知って下さい・・・。

名前:M.Hanari
生まれ:1963.11.27
住処:東京都 調布市
知識:Z80+mPD765

----------------

 私がこのプログラムを担当しました。
 押し寄せる bug や睡眠不足でタバコの数が一気増えました。
 周りの人間はだいぶ文句を言われたようですがこれからも盛んなブラウン運動でより良いソフトを皆様にお届けしたいと思います。
Mr.Fukushima

 彼は我々プログラマーの上に立つ開発部部長的な存在である。いわば、上司なのである。企画が正式な仕事ではあるが、この企画にあっては画面のデザイン、コースデータなどだいぶ力仕事も手伝っていただき、だいぶお世話になりました。
 今後も何かとよろしくお願い致します。
 ナショナルゴマスリキ.
 なんのこっちゃのクワタです

 FM-7 担当

 彼にはアルゴリズムその他でだいぶお世話になりました。しかしあの性格はどうも・・・。
 どんな性格だって?
 そんなこと彼に申し訳なくて言えませんよ。まぁ、男と女の区別ぐらいしてくれるといいんだけど。
 弟子を一人抱えているようなのでまともな人間に育ててほしいな。
 MSXのサットーでぇす。

 彼は一人の時は佐藤であった。しかし98のMr.佐藤が来ると伊藤である。そこになおかつMr.伊藤が来ると馬鹿になってしまうのである。
 一般人にはこの方程式を解けるはずがないが、なぜか彼の上には成り立ってしまうのである。
 わけのわかんないやつではあるが、彼の大仏様のようなヘアースタイルは永遠に不滅である。
 サラリーマンの佐藤です

  PC-9801 担当

 彼の音楽の才能には敬服するばかりです。FM音源ボードをお持ちの皆様はきっと同じ考えであると思います。彼はあのDX7のユーザーですが、会社では申し訳ないことにポータサウンドで作曲に励んでいただきました。今後も素晴らしい曲をお願いします。

----------------

 K+OH-:稲村こう

 私は浪人生であった。ところが、ある日、 「君、いつもガム噛んでるね?」 「うん!!」 と、いう具合に返事をしてしまったのが運の尽きであった。その日から悪夢は始まった。イングリッシュといえば、 "What is Fat ?" ぐらいのもので数学といば "7.11" であった。そこへある日一人の男がやってきた。彼こそ浪人生の鏡であった。=>=>彼には一月一度しか会えないのであった。いつも泣いている彼を見て、私の脳裏をある名前が過った。「りゅう」そうだ。あの男にちげぇいねい。私はこんな片田舎に何しにきたのだろうと思った。何やら外には三好の手下がいっぱいいた。どうやってその場を切り抜けるのかとみていたのだが、彼は例の如くおいおい泣いていた。「泣きのりゅう」やっぱりあんたはすげぇえぜ!おかまのジョニー♥♥♥
変な外人のリーでーーーーす。

----------------

 彼の出身は何かを隠そう香港なんです。そう。ガ・イ・ジ・ンなんですよ。広東語はもとより日本語・英語。彼の語学力には驚かされました。 BUT ある日、誰かが彼にモーメントのスペルはと聞くと MOMMENT と答えが返ってきたのです。その日から彼の知識は脆くも崩れ去り、そこには「変な外人」の言葉だけが残りました。それが引き金となったのか。それから彼はつまらない日本のギャグを連発し、また週間ジャンプを見て笑い転げ、周りから白い目で見られる存在となってしまったのです。そこでみんなの中に共通した考えが浮かんだ・・・

 「香港製は壊れやすい」

ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
関口くん物語
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ

 そう。それは夏なのにとても寒い日のことであった。私(K+OH-)はいつものように出勤した。階段を上り、廊下を歩いていると下駄の花尾が切れた。「嫌な予感がする」そう思いながら205号の DOOR を開けた。すると中には眼鏡をかけた青白い「「カールくん」」がいた。
 彼こそ、関口君=>=>であった。彼には活気というものがまるでなかった。それだけならまだしも彼には影というものがなかったのである。その日から彼は205号に住み着いたのであった。しかし、不思議なことに彼は11を過ぎると自然と消滅してしまうのであった。これなら安心とセブンイレブンに行こうと暗い夜道を歩いていると背後に何やらくらぁーい気配を感じ、振り返るとそこには・・・ 「「カッ カールくん」」 あまりの恐ろしさに立ちすくんでしまった私に向かい 「「酒でも飲みに行くんですか」」 と恨めしそうに聞くのであった。私は物も言えず 「ウッ ウン」 と思わず頷いてしまったのであった。 「何とかこの場の雰囲気を盛り上げなければ」 義務感に捕らわれた私にもいくらかの運があったようである。 「サットーでーす」 いいタイミングであった。この場は佐藤くんに任せよう。 「ちょっと用があるから」 佐藤くんに声をかけると、私は走った。後ろも振り返らずに走った。どれだけ走ったであろうか、気が付くとそこは前にもましてくらぁーい夜道であった。と、そこで私の肩をたたく者があった。 「もっ もしやカールくん」 慌てて振り返ると暗い影のような人間は言葉を発した。 「自衛隊に入りませんか?」 どうやら私は上野のあたりまで走ったようである。
 前をみるとぼょょーんと微かな明かりが見える。
 「あぁ 明かりが」 私は明かりに向かって走った。明かりにたどり着いて、改めて周りを見渡すと、そこはなんと谷中墓地ではないか。さっきの明かりは'人魂'。
 まっ まずい カールくんの気配が。私の体は闇の中に引き込まれそうになっていた。 「ギャグだ。ギャグで耐えるんだ。この場を盛り上げれば助かる」 私は最後の力を込めて、叫んだ。 「リーでぇーす」 
 続く。

 後書き

 いかがですか。お楽しみいただけたでしょうか。今度とも我が TELENET では優れたソフトとともにこのようなテレネット通信も皆様にお届けしたいと思います。現在もいくつかの企画が進行中であり、きっと満足のできるものが完成すると思います。これからも我がテレネットをよろしくお願いします。